今更ですが。。。

PMジェルタイプ購入しちゃいました~
DSC_3118_convert_20110811093117.jpg

リキッドタイプをカチセロで混ぜるのが時間かかるのと、
以前サンプルを頂いて~

素敵や~ん♪(by-島田紳助

と、感じたので~♪


早速、デジパーのテスト

ビフォー
DSC_3116_convert_20110811093156.jpg
数々のドSの試練を受け、もはや髪ではない状態

第1ラウンド~
「低phシスアミ」vs「スピエラ+高phシスアミ+チオ」

右:PM7(ph6.4)
左:PM9:AMγ(スピ混入)=1:4(ph8.0)

パーマリンス後
DSC_3126_convert_20110811093218.jpg

ドライ後
DSC_3131_convert_20110811093236.jpg

施術工程
AMα塗布→還元剤塗布(10分放置)→中間水洗→
→デジ(60度5分→70度10分→50度5分)→
→ブロム酸(20分)

スピエラの方が、かかり具合&ツヤ感がイイですね~
やはり、キューティクルが欠損した状態には、低phシスアミは
向かないみたいですね。。。

続いて、第2ラウンド~
「スピエラ+高phチオ」VS「スピエラ+高phシスアミ+チオ」

右:PM9:AMγ(スピ混入)=1:4(ph8)
左:ヌースC1:AMγ(スピ混入)=1:4(ph?)

パーマリンス後
DSC_3149_convert_20110811093307.jpg

ドライ後
DSC_3173_convert_20110811093326.jpg

施術工程、上記と同じ。

「スピ+チオ」の方が、かかり具合&質感がややいいみたい
です♪

これは還元剤の特徴の違いはもちろん、
スピエラはph7の時に浸透力が高いらしいので、
それも関係しているんでしょうね~

「スピ+チオ」のphが7付近だったかも。。。

やっぱり、phが計れる「phメーター」が必要ですね~
ph_convert_20110811104713.jpg
ただ、意外と高いんですよね~

でも、薬剤の認識が深まり、使用幅も広がるので。。。




よし!





思い切って!!







phsi_convert_20110811105029.jpg
とりあえず♪「ph試験紙」を買お~うっと


ポッチとクリック宜しくお願いします♪
 ↓
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

福岡観光ツア~♪

お盆休み??

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)